電動鼻水吸引器の特徴とその効果

乳児や幼児など、年齢の低いお子様にとっては鼻水の処理がとても難しいものとなります。自分で鼻水をかむことができるようになるまでは、保護者の方の手によって適切に吸い出してあげるのが鼻炎や中耳炎を予防する方法として有効です。鼻は耳管とつながっていますので、鼻水をたまったままの状態で放っておくと、副鼻腔炎や中耳炎などより症状の重い病気に発展してしまう可能性があります。耳鼻科でお子様の鼻水を吸引してもらったことのある方は、その効果の高さを実感していることでしょう。自宅でも同じように鼻水を吸引できるようになれば、耳鼻科を受診する回数が減らせることから、医療費やそれに伴う交通費などの支出も抑えることもできます。お子様にとっても負担が軽くなります。

鼻の奥にたまった鼻水を吸い出して病気を防ぐ

鼻水は、鼻の粘膜が何らかの物質や温度変化で刺激された時に出てくるものです。また細菌やウィルスの感染で体内の防御機構の働きによって出てくる場合もあります。前者の場合には透明で水分の多いもの、後者の場合にはやや黄色から黄緑色に近い粘り気の多いものとなります。不快な鼻づまりの原因となるだけでなく、長時間鼻の奥に滞留したままであるとそこから感染が広がり他の病気を引き起こす可能性があります。大人であれば鼻をかむことで鼻水を体外に排出することが容易にできますが、小さなお子様の場合にはその処理を自分ですることができません。そのために、電動鼻水吸引器を使用して鼻水を取り除いてあげることが病気の予防に最適です。副鼻腔炎となると完治に時間がかかりますし、中耳炎では難聴に繋がる場合もありますので、きちんと処理をしてあげることが重要です。

電動鼻水吸引器の仕組みと特徴について

電動鼻水吸引器は、小型の掃除機のような構造であると理解しても良いでしょう。ノズルの先端を鼻の奥にさしこんで、そこから空気を吸引するという仕組みです。鼻の奥に滞留している鼻水の場所にノズルがいきつくと、そこから吸い込んで鼻水を除去することができます。ノズルは小さなお子様の鼻の穴にも対応できるように細くなっています。使用中には横から空気がもれないようにすることで吸引力を維持することができます。大きく分けて電動鼻水吸引器は、据え置きタイプの機器と電池駆動式の機器があります。粘り気の強い鼻水に対応し、強い吸引力が実現できるのが据え置きタイプ、持ち運びができ外出先や旅行中などに適しているのが電池駆動式となっています。購入する場合にはインターネットの通販サイトでそれぞれのタイプを見比べ、その時と場合に応じて適したタイプを選ぶのが良いでしょう。