トップ > 市川市の家族葬情報 > 身内や親しい人だけで行う少人数での市川市の家族葬

身内や親しい人だけで行う少人数での市川市の家族葬

 市川市でも身内だけで行う家族葬を選ぶケースは増えていますが、一般葬とはどこが違うか利用をする前の段階ではほとんどの人はあまり理解をしていません。
親族や生前親しかった少人数の人を招いて、身内だけ行うアットホームなお葬式です。
限られた人のみで故人を見送るのはこれまでの密葬のスタイルですが、お通夜と告別式をしてから、他の日にも一般の参列者が集まる葬儀があります。
家族葬の場合は比較的新しいスタイルであり、別日に一般の参列者を招いてのお通夜や葬儀をすることはありません。
こぢんまりと身内など近い人だけ、少人数のみでのお葬式なので、来客の接待などを気にする必要もないです。
最後の夜を穏やかに身内などだけで過ごすことが出来ますし、慌ただしさを感じることも無くスムーズに行われます。

 人を一人送り出すにしてもお葬式にはかなりのお金がかかりますが、できるだけ費用面を抑えるなら、市川市でも注目をされているのが家族葬です。
一般的な葬儀といえばお通夜を出して翌日に告別式ですから、それだけ多くの人に来てもらいますし、規模が大きいほど何かと出費はかさみます。
場所を借りて食事宿飲み物をふるまったりと、故人の生前のお付き合いが広ければ広いほど、最後のお別れに来てくれる人も多くなりますから、その分だけお葬式にかかる費用は増える一方です。
しかし家族葬にすることで、一般の人を招くことがありませんので、一気にお葬式にかかる費用を少なくすることが出来ます。
大きな会場でのお見送りではなく、本当にささやかなお見送りではありますが、費用面を抑えられますし、身近な人だけで暖かいお葬式を出せるのもメリットです。

 現代では市川市でも家族葬を選ぶケースは多くなっていますが、実際に決断をする時には周囲の理解も必要になります。
長い間日本のお葬式のスタイルは、お通夜でたくさんの人に来てもらい、翌日に告別式を行ってそこでもたくさんの人を招くスタイルです。
とにかく大勢の参列者が集まってくれて、たくさんのお香典を集めて、お返しもきちんとするのが今までの一般的なお葬式でした。
ご近所や地域に親戚づきあいも濃密であった昔であれば、各家庭の家族の人数も多かったこともあり、これまでのお葬式で通用しますが、今はそれほど身近な人たちと濃密なお付き合いはありません。
ですから家族葬を選ぶ家庭は少なくはないものの、昔ながらの常識を貫きたい親せきや身近な人がいる場合は、わかりやすくできるだけ丁寧に、なぜ家族葬を選ぶかを伝えておくことです。

次の記事へ

PAGE TOP