トップ > 市川市の家族葬情報 > 現代人の持つ価値観にマッチしている市川市の家族葬

現代人の持つ価値観にマッチしている市川市の家族葬

 葬儀業者に依頼をすることで、希望に適した葬儀プランを提案してもらえますが、市川市では家族葬を選ぶことも多いです。
昔とは違う現代人が持つ現代を生きるからこその価値観に、家族葬というるタイルはマッチしています。
高齢化社会を迎えた現代では、故人も高齢になっていたために、昔のように付き合いが広いわけではありませんし、友人持ち人も少ないため大きなお葬式も必要がないというケースも少なくはありません。
これまでのような大きなお葬式を出したとしても、故人の付き合いが狭く少ないほど参列者は少ないです。
減少傾向にあるお葬式の参列者人数のこともありますので、お葬式事態の規模が小さくなっています。
本人の意見としても近年では、昔のように華やかな葬儀ではなく、簡素な見送りで良いと考える人が多いです。

 一般的なお葬式の場合は参列者は香典を持ってお通夜や告別式に出かけますが、家族葬の場合は一部の限られた人のみの参列です。
招かない人に対しては、事前に香典を辞退する内容を伝えることがほとんどであり、そのうえで香典を用意するようなことはしません。
亡くなった連絡を受けた時に、供花や香典は事態をする内容であれば、それは本心ですから従うことです。
香典辞退を伝えたのに、用意をする側としては良かれと思い香典を送るなどすると、相手に大きな負担を与えてしまいます。
日本の場合は香典をもらえば、必ず香典返しをするのがマナーなので、事態をしたのに送られてきてしまったら、わざわざ準備をしなければなりません。
連絡を受けた時に何も言わないようなら、香典の準備は念のためしておくようにします。

 一般的なお葬式よりも融通が利くのも家族葬ですから、人によってはお通夜は行わないこともあります。
家族をはじめ親せきなど、一部のとても限られた人のみで出すのが家族葬です。
少ない人数ではあるものの、参列者のメンバーが高齢者が多いとなれば、高齢ならではの体調なども考慮をしなければなりません。
まだ働き盛りの若い世代であれば、アクティブに行動ができますし、少しの無理など何んともありませんが、高齢になると必要な用事を足すにも体が思うように動かないことがあります。
家族葬といっても会場で行う時には、斎場まで移動をすることが高齢者には負担にあったり、参列の長い時間が負担になることもあるので、参列者に高齢者が多いと負担軽減のために、お通夜をしないこともあります。
故人の友人や知り合いが高齢者が多い場合は、無理にお通夜をすることもありません。

次の記事へ

PAGE TOP