トップ > 市川市の家族葬情報 > 市川市内で寺院などで家族葬を執り行う

市川市内で寺院などで家族葬を執り行う

 これから家族葬を考えている人は、市川市内で執り行う場所について検討する必要があります。
市川市内でも多数ありますが家族葬というのは慣れ親しんだ自宅だけでなく、葬儀専用の式場や斎場、さらにはメモリアルホールなどがあります。
また信仰している宗教があれば、その寺院で執り行うこともあるので、事前に把握しておく必要があります。
業者も市川市内で多数ありますが、会葬に参列する人がどの位か把握することによって、金額などが大きく変わっていきます。
家族葬で使う施設をここから判断していきますが、ベストなプランを業者も教えてくれるでしょう。
そこから利用する時には検討しながら、家族葬を決めていくのがベストです。
大半は故人と非常に親しい人に参列してもらうことになりますが、豪華さを求めるよりも近年は市川市内でも温かく見送る家族葬を選択する人が多いです。

 もしも市川市内の寺院で通夜や葬儀を執り行う時には、別の場所で告別式は執り行うケースが多いため注意しなければなりません。
さらに一般的には、檀家の遺族だけが寺院に葬儀などを依頼することが可能となっています。
その中で切り花なども非常に重要で、家族葬を執り行う時には依頼をしておかなければなりません。
祭壇を飾る時に備えていく供花だけでなく、遺体を飾っていく生花、そして後飾りとして切り花ともいわれる飾りを四十九日法要までに準備をしておかなければなりません。
供花は主に蘭などを使っていき、全体的に華やかな生花で彩っていきます。
色々な形がありますが、近年は花の種類も豊富になっており、故人の意向に合わせて決めていくことも少なくありません。
またお別れ用の生花を棺の中に備えていきますが、あまり多くなりすぎないように業者と調整していくことも重要です。

 遺体の周辺を飾っていきますが、故人が生前好んでいた花などを選択するといいでしょう。
供花やお別れ用の生花などは、発注すると数万円かかりますので、業者と調整することも必要です。
後飾りは主に菊などで問題ありませんが、49日間花を決して切らさないことが重要となります。
切らしてしまうと故人に対して失礼であり、マナー違反になってしまうこともあります。
住職に対しても失礼なので、必ず業者と調整を行っていきながら切らさないように調整を進めていくようにしましょう。
様々な飾りとして花が必要になるので、事前に市川市内で家族葬を執り行う時には業者に調整を依頼することが重要です。
そして選ぶ時にも数社に依頼してから判断していくとともに、理想的な葬儀を執り行えるか判断するようにしましょう。

PAGE TOP