トップ > 市川市の家族葬情報 > 市川市の家族葬参列時は一般葬と同じく喪服が基本に

市川市の家族葬参列時は一般葬と同じく喪服が基本に

 故人が生前に親しくしていた人や友人、家族に親族などごく一部の人間を招いて行うのが家族葬ですが、一般的な大きなお葬式とは異なるため服装のマナーにも躊躇をするかもしれません。
市川市での家族葬への参列時には、一般的には準喪服を着用しますが、これは喪主だけではなく参列者も同じです。
格式があるのが喪服ですから、正喪服をはじめ準喪服に略喪服という3つのパターンがあります。
故人を送る際の喪主の思いなども繁栄をされますが、一般的な仏教などの葬儀と同じに考えて基本は喪服での参列です。
お葬式の案内をする時に、平服でお越しくださいと言う案内をすることがあります。
平服の意味を誤って解釈をしないようにしたいのは、参列の服装は略喪服という意味だからです。
うっかり普段着で参列をしてしまうと、いくら小さな家族葬でも恥をかいてしまうので注意です。

 アットホームな雰囲気で故人を送ることのできる家族葬を市川市で出すならば、葬儀社選びの時にはわかりやすい見積書を出してもらうようにすることです。
ポイントは詳しい明細が書いてあることであり、安いパック料金で一式の費用になっていると、何が含まれていて何が抜けているかがわかりません。
費用面を抑えることが出来るのは良くても、家族葬パックなどのプランを選んだ場合、あとから別途費用がかかる可能性もあるので、必ず細かい内訳が書いてあることが必要です。
あとから含まれてはいない雑費や費用が出てくると、安いパック料金で申し込みをしたはずが、思わぬ出費でお財布にダメージになることがあります。
それ以外に後日別途発生をする料金はあるか、見積書にはない費用は掛かるのかどうかまで、正直に最初から教えてくれる信頼できる葬儀社を選ぶことです。

 お葬式を市川市での家族葬にするのであれば、あらかじめ家族以外への人たちへの配慮を怠らないことです。
特に地方在中の人などはお葬式ともなると、近所の人たちがお手伝いに詰めかけることもありますし、朗報を聞きつけた人たちもお葬式への参列で慌ただしくなります。
一般的な誰でも参列をするお葬式ではなく、家族など親しい人間だけで行う家族葬をする旨を事前に知らせておくことです。
知り合いや近所の人たちに対しても、家族葬で見送るため参列はお断りすることを伝えておきます。
また一般のお葬式には供花や香典はつきものですが、それらも辞退するならそれも泡あえて伝えることです。
お葬式は故人が生前に付き合いが多いほど、朗報を伝える人も多くなりますし、参列をする気持ちで準備をしてくれる人が大半ですから、家族葬をするなら事前にきちんと伝えておきます。

次の記事へ

PAGE TOP