トップ > 市川市の家族葬情報 > 市川市で家族葬を執り行う時の注意点

市川市で家族葬を執り行う時の注意点

 もしも市川市内で家族葬を行う時、非常に参列者が多くなればメモリアルホールなど大きめの会場を押さえる必要があります。
利用するためには費用もかかってしまいますが、時には市川市内でも想定外の高額で提供している斎場などもあります。
業者を選択する時には、数社見積もりを出してもらってから判断するのがベストですが、総合斎場というプランもあります。
これは家族葬において通夜や葬儀、告別式そして火葬などの流れを一切移動しないで執り行うことができる施設です。
市川市内でも民営で提供していることがあり、総合斎場を活用している人も多いです。
しかし公営以上に割高になってしまうこともあるので、本当に家族葬に適しているか市川市内の業者に依頼する時には事前確認をしておくようにしましょう。
総合斎場をもしも市川市内で使う時は会葬者の人数などを考慮しつつ、規模を決める必要があります。

 市川市内にある色々な業者で家族葬に関して対応している規模が異なっていますが、あらかじめ故人で家族葬の内容や形式について決めておくといいでしょう。
そもそも家族葬というのは通夜から始まり、葬儀や告別式そして火葬を行っていきます。
これらの一連の流れを行っていく中で、不要になってしまう項目は取りやめていくようにしましょう。
混同してしまう人も多く、ついつい儀式として必要ではないかと考えてしまう人も少なくありません。
通夜や告別式はそれぞれ宗教上の儀式ではないので、どうしても分からない時には市川市内の業者に色々と相談するのもいいでしょう。
昔からの風潮によって葬儀などは儀式として広まっていたところもあるので、本当に必要なのかは規模や会葬者などの顔ぶれで判断をしてもいいでしょう。

 家族葬に関して執り行っていく中で飲食費なども気にかけつつ、会葬者に満足行く内容にしていかなければなりません。
通夜の間、告別式の後、火葬場での待ち時間に会葬者の飲食を用意します。
通夜では通夜ふるまいを会葬者へ対して振る舞っていき、告別式では精進料理を振る舞うこととなります。
さらに故人を火葬する時には、その待ち時間で飲み物やお酒そしてお弁当を提供して接待することとなります。
とりわけ近親者が会葬者となる家族葬においては、決して特別な食事を用意する必要がありません。
接待する方法は必ず遺族間で決めていき、ベストな家族葬へ仕上げていくようにしなければなりません。
市川市内で業者へ依頼を行っていく中で、家族葬において現金の用意をしなければなりません。
寺院に対してお布施や車代、そして戒名料などを現金で支払わなければなりません。
ある程度の資金が必要となるので、注意しなければなりません。
そんな中で会葬者より香典を多くもらうこともありますが、手を付けることはすぐに行ってはいけません。

次の記事へ

PAGE TOP