本当に使いやすい電動鼻水吸引器とは

鼻水吸引器は、赤ちゃんや幼児の鼻水をしっかりと吸引してあげることができる器具です。鼻水を放置してしまうと、中耳炎や副鼻腔炎に悪化してしまう可能性がありますから、できるだけ早く吸引してあげることが大切です。鼻水吸引器には、大人が吸引するタイプと、スポイトのように吸引するタイプ、電動鼻水吸引器などいくつかの種類があります。大人が吸引するタイプは、鼻に入れる先端部分が丸くなっていて、奥まで入り込むことが防ぐことができ、1000円程度の手頃な価格で購入できるというメリットがあります。スポイトタイプは、簡単に吸引することができますが、先端が鼻の粘膜に当たってしまう場合もあるので、子供が嫌がる場合があります。電動タイプは、値段は高額になってしまいますが、ねばり気のある鼻水もしっかりと吸ってあげることができます。

携帯に便利な手動タイプの鼻水吸引器

小さい子供はよく風邪をひいて鼻水を流しますが、そういった場合には、鼻水吸引器が便利です。手頃な価格で購入できる手動タイプの鼻水吸引器を持っている人も多いかもしれませんが、手軽に利用することができ、大人の吸引力で鼻水を吸引することができますし、携帯も便利なことから人気となっています。ただ、口で吸引するため、ウイルスに感染する確率も高く、風邪が移ってしまう可能性もあります。また、ねばり気のあるような鼻水を吸い取ることは難しいというデメリットがあります。電動鼻水吸引器は、吸引力を調整することができますから、ねばり気のある鼻水も簡単に吸引することができますし、大人も使用することができますから、花粉症や副鼻腔炎などで毎年耳鼻科に通っているような人にはおすすめです。

電動鼻水吸引器のメリットとデメリット

鼻が詰まって苦しそうにしている子供を見るのはつらいもので、何とかして早く鼻水を吸引してあげようと思うはずです。毎回耳鼻科へ連れて行って吸引してもらうことは難しいですから、自宅で吸引できる鼻水吸引器は大変有効な方法だといえます。電動タイプの中でも据え置きタイプは、決して安い値段ではありませんが、鼻がつまり始めた時に、しっかりと吸引してあげることができますから、悪化させることなく中耳炎や副鼻腔炎、結膜炎などを防止することにもつながります。据え置きタイプは大きいので持ち運びには不向きですが、頻繁に耳鼻科に通うことが多い場合には、自宅で手軽に吸引してあげることができますから、負担も減らすことができます。また、大人でも使用することができますから、花粉症などで鼻水に悩まされている人にもおすすめです。